関東最大級!「無印良品 港南台バーズ」に潜入

横浜グルメ

こんにちわ、ササキマイコです。無印良品が手がける関東最大級の食の専門売り場を擁する「無印良品 港南台バーズ」が2021年5月14日にグランドオープン!前日のプレオープンに行ってきたのでレポートします。

港南台バーズが大幅増床

港南台バーズは2020年8月に惜しまれながら閉店した高島屋港南台店の跡地を利用して既存の売り場から大幅に増床。2021年4月22日にリニューアルオープンをし、「無印良品 港南台バーズ」も先行して1階部分の生活用品売り場をオープンしました。遅れること約半月、5月14日に満を持して地下1階の食の大型専門店部分をグランドオープン。

前日の5月13日のプレオープンに行ってきたので、売り場の詳細をレポートしたいと思います。

オープンキッチンがお出迎え

地下1階の入り口を入ると、まず目にするのが広々としたオープンキッチン。ここから毎日ライブ配信でレシピや生産者の声を紹介するのだとか。「無印良品 港南台バーズ」が関東最大級の食の専門店であると強く印象付けられるシンボリックなエリアです。

オープンキッチンから一歩店内側に進むと食にまつわる本が置いてあるコーナーが。

オープンキッチンの裏側には、紹介している書籍にまつわる料理と、それに使用している無印良品の商品がディスプレイされていました。こういう演出、素敵ですよね!

さらにその隣には「くらしの備えいつものもしも」という無印良品発行のフリーペーパーと共に、日常から防災グッズを備えられるような工夫が。収納と言えば無印良品、無印良品と言えば収納。とても無印良品らしさを感じる演出ですね。

とにかく広い!17000点もの食品が並ぶ食の総合商社!

生鮮食品エリアにはクイーンズ伊勢丹と中島水産が出店。2社でなんと10000点もの食品を取り扱っているそう。それに無印良品が7000点をラインアップし合計で17000点。野菜や肉・魚などの生鮮食品を中心に、惣菜やベーカリー、日常使いのお菓子からちょっとよそ行きのギフト、酒、調味料、冷凍食品など食にまつわるすべてのものが展開されています。

元は高島屋のデパ地下部分だったことを考えると、その規模の大きさがわかりますね。

魅惑の計り売り

「無印良品 港南台バーズ」の食品エリアの中でも特徴的なのが乾物や茶葉、お菓子の計り売り。自分好みに量も種類も選べるのは嬉しいですね。ナッツや乾物、コーヒー豆の計り売りのエリアはガラスの壁で仕切られた部屋になっており、最大入室可能人数が5人とのことでオープンからしばらくは行列ができそう。買い方は、一つの袋につき一種類を好きな量入れて、最後にバーコードを発行するというシステム。袋に商品番号をメモしておくのを忘れずに。慣れないと少し手間取ってしまうかも。

ベーカリーコーナーも充実

店内併設の工房で焼きたてのパンが買えるベーカリーコーナーも充実。テーブル席があるのでイートインもできそうな雰囲気ですね。プレオープンでは稼働していなかったので未確認ですが。以前ここが高島屋だった頃にはパン食べ放題のベーカリーカフェがあったので、それを踏襲してくれると地元の方は嬉しいですね。今後に期待しましょう。

おしゃれな冷凍食品が勢揃い

ここ最近大型店での取り扱いが増えきた印象の無印良品の冷凍食品ももちろんフルラインアップ。すぐ使えるグリル野菜なんて意識高いしおしゃれだしで、あー今すぐ買って使いたい!けど、今日は色々見たいのでまた今度。ちゃんとレジに保冷バッグも有料で用意。スタッフの方にお伺いしたら、ドライアイスもしっかり用意されているとのことなので、次回来訪時にはおしゃれ冷凍野菜をしこたま買って帰りたいと思います。横浜駅のNEWomanでも買えるけどね。

あると便利!ギフトコーナー

ギフトというカテゴリーで括られたコーナーもありました。

ぎゅぎゅっと駅ナカ、ぎゅぎゅっとデパ地下。バラ売りから箱入りまでさまざまな価格帯が用意されているので、ちょっとした手土産から贈答品まで多種多様な目的のギフトを探すのにもってこいなコーナー。

もちろん無印良品の商品をギフト用にするのも良さそう。バウムクーヘン用のボックスがあるのは知っていたけど、レトルトカレー用のギフトボックスまでも用意されているとは知りませんでした。ギフトラッピングの種類が豊富なので、どんな商品でも素敵なギフトに大変身しちゃいますよ。パスタとレトルトソースや岩塩をセットしてオリジナルのイタリアングルメギフトや、フリーズドライのスープをセットしてキャンパーギフトなどアイデアが無限大に広がります♪

生鮮食品も無印ディスプレイ

至る所に無印良品の商品が演出物としてディスプレイされているので、見ているだけでも楽しめます。

魚売り場には醤油の小瓶。あ、なんかこういう集合体恐怖症の方いたらごめんなさい。

惣菜売り場には分解されたアルミのお弁当箱が。デザインあ展みたいな様相。

これは無印良品の商品じゃないけど、お肉売り場には大量の炭のディスプレイ……ちなみに写真を撮り忘れましたが、鮮魚売り場には石が積まれておりました。海岸をイメージ……?

クイーンズ伊勢丹のターン

店内の中央部分がクイーンズ伊勢丹の売り場となっています。横浜駅にもクイーンズ伊勢丹があるけど、港南台バーズのクイーンズ伊勢丹は完全に本気出してきてます。戸愚呂100%です。

卵の種類本気出し過ぎ!

醤油の種類本気出し過ぎ!

オラここに住みたい

黒い箱に入ったバナナは1本で680円ですってよ!奥さん!それ以上に完全にディスプレイ台になっている青いバナナが気になりましたが、上にのっているバナナたちをどける気にならなかったので全容は掴めず。しかし生だったのでこれも売り物のはず……

こんなに本気出してるスイカ見たことない!!

でも駄菓子コーナーも用意するという抜け感!多分クイーンズ伊勢丹最安値はうまい棒。

中央レジでまとめて会計

ベーカリーを除いてすべての商品は中央レジにてお会計。

レジも無印良品っぽさ全開でオシャ。でもQUICPay等使えないので要注意!普段Apple Watchでドヤ決済派なのでもうちょっとキャッシュレス決済増やして頂けると嬉しいかな。プレオープンで待ちなどもないので有人レジを使用しましたが、無人レジもありました。パパッと買って帰るには無人レジが便利ですよね。

荷物を詰めるスペースもオシャ。無印良品はレジ袋の代わりに紙袋を用意。マイバック持参で無印良品アプリのマイルが貯まるというサービスがあるそうです。ゴミゼロにちなんで530マイルがいただけるみたいです。

(おまけ)その頃北野エースは

港南台バーズを入ってすぐの場所に北野エースがあるのですが、こんなに充実した食のフロアが同じ建物に入って大丈夫だろうか……と余計なお世話ながらも心配になり帰りに寄ってみたところ……

カレー本棚がめちゃくちゃ増床してる……!!アイデンティティ!!

ということで、「無印良品 港南台バーズ」プレオープンのレポートでした。
また混雑が落ち着いた頃に行ってみたいと思います!ではでは

戦利品(割引惣菜)いっぱい

無印良品 港南台バーズ
住所:神奈川県横浜市港南区港南台3-1-3 港南台バーズ 地下1階・1階
営業時間:10:00〜20:00

コメント

タイトルとURLをコピーしました