ヒュッゲに暮らす①〜ヒュッゲとは何ぞや編〜

ヒュッゲな暮らし

こんにちは。ササキマイコです。このブログ、名前が「横浜のヒュッゲなキッチン」と言いますが、友人から「ヒュッゲって何?!って思わず調べちゃった!」と言われること多数。改めて「ヒュッゲ」とは何ぞやと綴ってみようと思います。

ヒュッゲとは?

「HYGEE(ヒュッゲ)」とはデンマーク人のライフスタイルを示す言葉で、「ほっと居心地の良い場所で過ごすこと」だったり「家族や友人と過ごす楽しい時間」だったりを指します。

居心地良く部屋を整えたり、家族と過ごす時間もヒュッゲです。
天気が良くて、風が気持ち良かったというのもヒュッゲですし、友達とおいしい食事をとりながら楽しくおしゃべりしたというのもヒュッゲです。

日常にあふれている「小さな幸せ」に気付き、慈しむことがヒュッゲと言えそうです。

ヒュッゲは日本人の精神に合っている

日本は「万物には神が宿っている」という八百万の神の国です。

食事の時には命に感謝して「いただきます」と手を合わせ、物を大事にしないともったいないオバケが出る。

全てのものに感謝して自然を慈しむ精神が、ヒュッゲの精神に通じているような気がしませんか?

幸せに生きるための知恵

世の中にはたくさんの情報やモノがあふれています。
最新の家電やデジタルガジェット、流行のファッション、限定のコラボ商品の発売情報など。そういったモノを持たない暮らしを推奨する断捨離やときめき仕分け等々のライフハック。私がmacaroniで執筆している時短レシピやおいしいグルメ情報など。とにかくありとあらゆる情報が巷にあふれていて、それらから離れるべく「デジタルデトックス」を実践する方も年々増加しています。

溢れる情報について、否定も肯定もしません。なぜならば、それこそが人間の持つ、「もっと幸せになりたい」という欲求の表れだからです。「より幸せになりたい」という人間の本質的な欲求があるからこそ、どんなにどん底の状態でも立ち上がり、困難を乗り越えて行けるのだと思います。

ただ、たくさんの情報があり過ぎて、食傷する気持ちは非常によくわかります。私自身断捨離をしすぎて、暮らしが無味な状態になったこともあります。

トライアンドエラーを繰り返し試行錯誤した結果、現時点で「ヒュッゲな暮らし」が一番心地よく毎日幸せを感じながら過ごせる方法と至りました。日々のちょっとした工夫でヒュッゲはすぐに実践できるので、幸せに生きるための小さな知恵をシェアしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました